忍者ブログ

合気道愉々会・合気道研究部

合気道 愉々会(ゆうゆうかい)blogの別館・合気道研究部です。

▼ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

▼ 帯の結び方 ~ “一本結び” ~

帯の結び方について。

普通に帯を結ぶと、下図のように背中側に交差を作ってしまいます。




ですが、しかるべき方法で帯を結ぶと、次の下図のように背中側に交差のないスッキリした結び方ができます。
一本の帯に見えることから、これを「一本結び」と呼びます。


今回はこの一本結びの締め方を図で説明します。


▼(ヘソ側から見た図。分かりやすくするため帯を色分けしています。)
▲図1:帯の端(1)をヘソの位置から30センチ程度左下側に出し、その上から(2)右方に帯を一回巻きます。



▲図2:左腰から、もう片方の帯の端(3)が出ます。




▲図3:左右の両端を真中に引っ張って合わせ、長さを均等にします。



▲図4:帯の端(3)Aを、下方から帯全体の下をくぐらせて右上に出します((3)B)。
その後、帯の両端を左右にギュッと強く引き締めます。
この時にお腹を引っ込めて下さい。帯が深く締まるので後で緩み難くなります。





▲図5:帯の端(3)Bを左側に折り変えます。




▲図6:帯の端(1)を右上に折り変えます。




▲図7:帯の端(1)を、(3)Bの輪の下にくぐらせて右下に出します。




▲図8:帯の両端を左右に引き締めます。これで一応の完成です。




▲図9:さらにダメ押しに、両端を上から帯の下に通して締めると緩みません。




なおこの結び方は
DVDで見て、学ぶ身体づかいの「理」を究める!実践合気道入門”(佐原 文東著)を参考にしました。
DVDで見て、学ぶ 身体づかいの「理」を究める!<実践>合気道入門(DVD付)
定価:¥ 1,470
中古最安価格:35%OFF ¥ 950 (3店出品)
レビュー平均:3.03.0点 (2人がレビュー投稿)
出版日:2010-02-10
出版社:永岡書店
作者:佐原 文東
by amazon通販最速検索 at 2010/11/03
PR
この記事へのコメントについて

この記事は現在コメントを受け付けておりません

この記事へのトラックバックについて

この記事は現在トラックバックを受け付けておりません

忍者ブログ [PR]