忍者ブログ

合気道愉々会・合気道研究部

合気道 愉々会(ゆうゆうかい)blogの別館・合気道研究部です。

▼ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

▼ “片手取り”とは何か

武道において「理合」(りあい)とは、技・形の中で「なぜこのように動くと決まっているのか」といったことの理由・意味合いを指す言葉です。(「理合想定」とも言う。)

合気道の稽古は約束稽古(事前に何の技を行うか合意の元に行う)が中心ですが、中でも基本なのが「片手取り」という想定で始まる形です。

katatedori_1

攻撃側が相手の手首を掴んできます。防御側は掴まれた手首を利用し、様々な技を掛けて逆に相手を制します。

しかしこれはよく考えるとかなり奇妙な格好です。
普通相手に危害を加えようとする者が、いきなり手首を掴みに行ったりするでしょうか?胸倉や肩などを掴むのが自然ではないでしょうか。
…ですが、合気道ではなぜか手首なのです。
どうしてなのでしょうか?その理由を考えてみました。
合気道は古流柔術を原型にしています。柔術はかつて武士の武芸だったもので、合気道の基に成った大東流柔術は殿中(屋内)での護身術として受け継がれて来たものだと言われています。(もっとも最近の研究では、「大東流が江戸期・殿中の護身術だった」という伝承は疑問視されているそうです。付記:2011年3月20日)

それを踏まえて、帯刀した武士が相対していると想定します。殿中なので大刀ではなく脇差(わきざし・小刀)を帯びているとします。その様子を木刀を使って再現してみました。
:正しくは「殿中差し」)

「捕り」(防御側)は相手の害意を察知し、脇差を抜こうと柄に右手を掛けます。
「受け」(攻撃側)は左手で柄に掛けた相手の右手を押さえ、右手で自分の脇差を抜いて相手を突こうとします。



▲ 掴んだ部分拡大。捕りはぶつかった力をいかに流して技を掛けるかが問われます。



こうして実際にやってみると、攻撃側(「受け」)が相手の手首を掴むのは、

(1) 手首を押さえて相手に脇差を抜かせない
(2) 脇差で刺し貫くために相手の体を固定する

という具体的な目的があることが分かります。
胸倉でも肩でもなく、手首を掴まなければ成らない理由がそこにあります。

防御側である「捕り」は、攻撃側に手首を掴まれ、刀を抜こうにも抜けず、相手の刀で突いて来られるという窮地からどう脱するかが焦点になります。

このように形の理合を理解することで、稽古に臨む際の意識も変わってくるのではないでしょうか。

(御協力頂いた西山さん・南原さん・水津さんありがとうございました。)
PR
この記事へのコメントについて

この記事は現在コメントを受け付けておりません

この記事へのトラックバックについて

この記事は現在トラックバックを受け付けておりません

忍者ブログ [PR]